当教室でおこなっているAIHA関連検査:赤血球結合免疫グロブリンの定量

AIHA診断に関する免疫学的検査
 AIHAは、溶血の存在、すなわち赤血球の崩壊亢進と赤血球の代償性産生を示唆する異常検
査値に加え、DATが陽性であることにより診断が確定される。鑑別診断として、肝疾患や他の
貧血を除外しておかなければならない。

1.直接抗グロブリン試験(DAT)
 DATは、赤血球膜上に一定量以上に結合した免疫グロブリン、あるいは補体が存在すれば、
クームス試薬の添加により赤血球が、凝集し陽性と判定される。判定法に関してはこの凝集
法に加え、フローサイトメトリー法やゲル法も考案されている。
 DAT用のクームス試薬は、スクリーニング時には各種免疫グロブリン、補体のいずれにも反

応するようなブロードスペクトラムのものを使用しており、広範囲DATと呼ばれている。なお、
赤血球膜上に結合している免疫グロブリン種や補体の種類を同定する場合には、各々に対応す
る特異的クームス試薬を用い、特異的 DATと呼ばれている。
 特異的DATの結果をみると、温式AIHAにおいてはIgG単独、あるいはIgG+補体型を示し、一方、
CADならびにPCHでは補体型を示すことが多い。したがって、特異的DATにより、温式AIHAと冷式
AIHAはある程度鑑別できる。

2.間接抗グロブリン試験(Indirect anti-glubulin test: IAT; 間接クームス試験)
 抗グロブリン試験には、DATのほかにIATがある。IATは、血清中の赤血球反応性抗体の有無を

スクリーニングする検査法である。AIHAにおいては、IATについては陽性のこともあれば陰性の
こともある。温式AIHAの溶血発作時には赤血球自己抗体の消費が著しくIATは陰性を示すことが多い。
 また、温式AIHA患者赤血球から解離して得られた抗赤血球自己抗体と、種々のパネル赤血球を

用いてIATを実施すれば、抗体特異性へのアプローチは可能となるが、自己抗原がRhポリペプチド
やバンド3蛋白の場合には、一般的なパネルセルではすべて反応してしまい、汎凝集素
(panagglutinin)と判定される。

3.赤血球結合IgG量定量
 DATは赤血球に結合している抗赤血球自己抗体を定性的に見る方法であり、陰性と陽性との境界
域の判定は困難である。つまり、赤血球膜上に抗赤血球自己抗体が結合しているにもかかわず、
直接クームス試験が陰性と判定された場合、以前はAIHAと診断できない診断不能例とされていた。
近年、赤血球結合IgGの定量法が確立され、DAT陰性AIHAの診断が可能となった。
 Immunoradiometric assay法(図)を用いた赤血球結合IgG量の定量により、DATが陽性となる

には赤血球1個あたり250分子以上のIgGが必要と推測されている。なお、健常人の赤血球上に
平均33±13(SD)個のIgG分子が存在している。クームス陰性AIHAを誘導し得る赤血球結合IgG分子
数は赤血球1個あたり約80以上と推定されている。

(亀崎豊実, 梶井英治. 自己免疫性溶血性貧血の免疫学的検査. 臨床険査 47:1177-1185,2003)

             


AIHA検査依頼頁へ